VRSサービスの流れ


1.現地測量

「どのくらいの範囲を測量しますか?」

VRSにお任せ下さい。独自の技術で、日影影響範囲を算定。とり残しがありません。

2.日照チェック

日影解析ソフトを駆使し、物件の日照環境について、場所・時間や冬至・春秋分などを指定して計算することができます。

ヒストグラムの表示や計算値のテキスト出力が可能です。

計画建物の3次元アイソメ図、壁面日影図、太陽軌跡図、日ざし曲線、高度・方位角表、天空図作成もお任せください。

3.眺望チェック

クレーン撮影はもちろん、高層マンションの撮影が可能なバルーン撮影や電動ラジヘリ撮影を用意。

正確な位置・高さから全方位、360度パノラマ写真の撮影も対応しております。

静止画から動画まで幅広い用途にお使いください。マンションからの眺望、隣接する建物との関係や、階層による眺望の違いが調査できます。

4.ツールに加工してお渡し

眺望写真と3次元地図データとの組み合わせ、日照測定データから3次元アイソメ図の加工、壁面日影図、ソーラーアイビュー、日影シミュレーター(ムービー)、その他、測量データ・地形データ・計画建物すべての経度緯度情報を持ったGIS・GPS方式でCG加工し、物件からの眺望や周辺環境のシミュレーション、周辺施設等のインフォメーションに役立つツールに加工して、お渡しします。